自分用資産運用のメモ

自分用資産運用のメモ

仮想通貨について

年末年始の朝日だか日経だかの朝刊に仮想通貨の記載がありました
仮想通貨の税金逃れを防ぐための対応を開始したとのことでした
少しは日本の税収も上向くのかなあ・・・代わりに所得税下げて欲しいところです


記事には他に、「いまさら仮想通貨→仮想通貨の取引で儲けと言われても・・・」との投資家の声がありましたが、寧ろその人が今さらですね。とはいえ、新しい仕組みはこれが怖いです。そのリスクの分、リターンも高いのでしょうけど


上下の値動きが激しいので、やはり仮想通貨→仮想通貨の取引はかなり危険ですね
値上がりした仮想通貨Aで、将来値下がりする仮想通貨Bを買ってしまうと、税金が物凄く負担になります
仮想通貨については、税金についての知識も得ながら進めないといけません


加えて、仮想通貨Aを所持していた場合に自動的に付与された仮想通貨Bが危険かもしれないと思っていました
仮想通貨Bの利益確定前に、取得価格0円の状態で課税対象とされてしまう可能性が無くはないと考えていたからです
ただ、これはどうやら仮想通貨Bを使った時点での利益になったようです


今年は仮想通貨の取引も少しやろうと考えています
税金がどうなるかの不安もありましたし、脱税!って言われたら本業にも影響しそうなのでそのリスクもあり、バブルっぽいのでその様子見の意味もあり・・・と先送りしていました


いずれにせよ以前書いた通り、買ったら売らないことを基本にしたいと思います
そうすることで、税金の不安はほぼなくなると期待しているからです
そして、今年からはじめることで1年間の猶予を持てるという計算もあります


株より更にリスキーなので、やらない可能性もありますし、やるとしても少額の予定です。アセットアロケーションとしては個別株に含めて考える形になるでしょう


まあ、もう暫くは調査ですね


---------------------
ビットコインってどんなもんだろうなーってちょっとだけ調べたり本を読んでみたり・・・


基本的な仕組み自体は分かったけど、税金関連がヤバそうですね
3年後あたり追徴課税で爆発する人とか多そうです
ただでさえ良く分からない税金に関わるのでとても厄介です
なので、自分としては、買うとしても絶対に売らない決意で買うことにします



課税については、現時点で詳細は決まってはないみたいです
仮想通貨同士で取引した際に利益とするかどうかが焦点になりそうです
円→ドル→ユーロと変えていく際に税金がかかることを考えれば、あるいは、円→カメラ→カメラ売却(プレミアムで値上がり)と考えれば、税金が掛かると判断されても不思議ではないと思います


気が付かないで日常的にモノを買って課税されるくらいはたぶん大したことはないと思います(あくまで多分
凄そうなのは仮想通貨A⇔仮想通貨Bで取引した際の税金です
損益通算できないかつ仮想通貨の値上がり・値下がりが激しいことから、
場合によっては実際の利益は100万なのに税金1億とかもあるんじゃあないでしょうか


以下とりあえずググってみたサイト
ビットコインの所得課税がヤバい【BTC(仮想通貨)】 | 丸山正行税理士事務所
仮想通貨・ビットコインの税金を詳しく解説|暗号通貨やアルトコイン
ビットコインでアルトコインを買う時に税金がかからないようにするために考えておくべき事。
ビットコインに関して国税庁タックスアンサーで見解ー仮想通貨の税金番外編 | 代表ブログ,仮想通貨の税金,税のコラム | 税理士法人ファシオ・コンサルティング|東京都千代田区飯田橋の会計事務所
仮想通貨の税金計算方法(確定申告)まとめ - 20代低年収リーマンが投資で逆転勝利を目指すブログ